Membership ID

PIN code
標準(http)接続
ログイン方法について

Friday Column

No.331

『人生初山形』

あぁ、もう月曜になってしまった。もうここんとこほんとにいろんなことが集中男児で、時間はパツンパツンで頭ん中はゴテンゴテンで、先週の金コラを今になってやっと、仙台→札幌便の機内で書き始めるのです。



【Bombardier CRJ-200】は50人乗りの小型機。見た目も飛びも好きな飛行機なんですが、いかんせん、エアコンの吹出口が足下にあり、それも相当な冷気がブリブリ出てくるので、夏の時期は足がマジで冷たくなっていつも困ります。ライブとリハが続き、10日後にツアーをひかえる、じぇったいに風邪をひけない時期なので本気でビビリます。前日の大阪→山形便も同じ機材でしたが、その便は空席が多く、私の隣には誰もいなかったので、肘掛けをあげて2席を使い、靴を脱いで女座りしてしのぐことができましたが、この仙台→札幌便は満席なので、仕方なく靴を履いたまま膝かけを足に巻きつけて耐えます。それでも耐えられぬほどの冷気がだったら、誰にどう思われようが靴を脱いで体育座りするしかありません。あぁ、ホントに困る。でも、たったひとりだけのスチュワーデスさんがカワイイから許す。

で、えぇっと、なんでしたっけ? あ、そうだ。
さて、17日(土)は大阪の靭公園センターコートでのライブイベント【靭公園 MUSIC FESTA FM COCOLO 風のハミング】=略して“靭のハミング”でした。いやぁぁぁ、いいイベントでした。この件については、使用可能なオフィシャル写真が揃い次第かきたいと思います。

で、翌18日(日)はnavy & ivoryのコンサート【恋の家 2011】にゲスト出演するため、伊丹空港からぴゅっと飛んで山形へ。

人生約49年にして、初の山形、うれしいですね。空港から街へ向かう道端にはリンゴ農園が広がり、期待どおりにのどかで美しい景色です。山形に来たからにはまず“冷やしラーメン”を食するべきです。それはいわゆる“冷し中華”ではなく、通常のラーメン同様にスープがありますが、そんれが冷たいのです。過去にたしか福島県で食べたことがあり、東京・札幌でも数回食べたことがありますが、とにかく“冷やしラーメン”と言えば、の山形で食べるのは始めてですから楽しみです。

事前にインターネットで調べてみたところ、【栄屋】というお店が元祖なのか発祥なのか、とにかくどうやら有名店のようで、そこを目指しました。で、お店の前に着いたら、あらららららの大行列。日曜日のお昼時にも関わらず駅前にもあまり人は歩いてなかったもんですから、この行列はなおさらインパクトがありました。しかし、この列に並んでいては、コンサート会場入り時間に間に合いそうにありませんので、来る時、すぐ近くに“冷やしラーメン”とのぼりを掲げた、【栄屋】に似た響きの【さかい】というおそば屋さんがあったので、意識的に間違って入ることにしました。



古き善き昭和な佇まいのおそば屋さん、引き戸をがらがらと開けて中に入ります。4人がけのテーブルが4卓、奥には小さい小上がりがあります。お品書きをよく見ることもせず“冷やしラーメン”を注文しました。テレビではNHKの“のど自慢”、この日は群馬県・桐生市です。そして“冷やしラーメン”は5分ほどでやってきました。



スープは濃いめの色の醤油味。麺は“ゆきちから”という山形の小麦で作られているようです。その上に、チャーシュー・ねぎ・わかめ・メンマ・かまぼこ・ほうれん草、そして白キクラゲがたっぷりのってるのは予想外でした。茄子のお漬け物もついてましたよ。“おそば屋さんでラーメン”ってことになんら違和感を感じずに食べる、後で考えたらなんか不思議ではありますが、とてもスタンダードな、なんらかの伝統を感じる味わいで、たいへんおいしゅうございました。NHKの“のど自慢”を見ながらってのも、いい意味で日本の田舎感が増幅して、なんかよかったです。

で、この日のコンサート会場“山形テルサ”に入ります。【navy & ivory】のお二人、とりわけピアノの吾郷くんは、89年の『REGRETS』から私の音楽にのめり込んでくれて、コンサートも幾度も観に来てくれて、野球少年にとっての長島茂雄さん(吾郷くん談)というほど慕ってくれている、ということは【navy & ivory】のファンの皆さんもよく御存知なそうですから、今回のゲスト出演は相当期待されているわけですし、しかも私にとっては人生初の山形なわけですから、それはできる限りの好印象を残さなければならない、ということを考えていくと、やはり、お衣装は学生服になりました。こういうのひとつ持っとくといいですよ。って秦基博くんにもすすめてるんですが、それはまだ理解してくれないようです。

【navy & ivory】の山形でのコンサート【恋の家】は今年で7年目、今となっては全国からファンの皆さんが集まる特別な日だそうです。ふたりの純でまっすぐな音楽・演奏は、そんな皆さんの心に充分に響いたことでしょう。私は、音楽さえきちんとやれば・・的考え方なので、しゃべりはちょっとふざけすぎた感がありましたが、たぶん、楽しんでいただけたような感触は残っています。たぶん、ですけど。私の誕生日が近いということで、バースデイ・ケーキのサプライズなどもあり、たいへんに楽しいゲスト出演でした。終演後はイタリアンレストランであくまで上品に打ち上がりました。

翌朝は車で仙台空港に移動し、そこから札幌へ。というわけで、“冷やしラーメン”と、レストランのマダムのやわらかいイントネーション以外は、山形らしいことにはふれることない私の人生初山形でしたが、やっとここに来れて、演奏できたことがうれしかったです。【navy & ivory】のお二人、呼んでくれてありがとうございます。全都道府県演奏まであとひとつ、残るは福井県のみです。これからは、福井県を今まで以上に強く意識しながら生活していこうと思います。

大阪・山形が終わり、ここから先は【カブレルズ】のツアーに集中できます。観ようかどうしようか迷ってる、というメールを札幌の番組に複数いただきました。ハッキリ言いますと、かなり観ておいたほうがよろしいかと思いますので、是非どうぞ。

というわけで、札幌から東京に帰ってきて、そのまま【カブレルズ】のリハが終わって5日ぶりに家に帰ってきた20日深夜、やっと先週分の金コラを書き終えようとしているってことは、今週の金コラはどうすりゃ委員会。

2011/09/20



≪ BACK Latest NEXT ≫

会社概要
サイトマップ
スタッフ一覧
個人情報保護
リンク
推奨環境
お問合せ

sitemap