Membership ID

PIN code
SSL(https)接続
ログイン方法について

Friday Column

No.044

『レッツ・パーキング!』

自分で車を運転するようになって丸12年が経ちました。物持ちのいい私はず〜っと同じ高級北欧車に乗り続けてまして、走行距離はもうすぐ16万キロ。赤道上をざっと4週した計算です。7、8年前に距離計が動かない時期が半年くらいありましたので、更にスリランカくらいまでは走っていると思います。そんな感じなんで車検時以外にも修理するタイミングが年々増え、なにかと維持費が膨らんで来ているような気がしますが、ちゃんと走るうちは乗ろうと思ってます。

私が運転免許をとったのは1982年、公布日はちょうど20歳の誕生日の前日だったと思いますが、自分で運転するようになったのは12年前の1994年の春。当時は車に乗ってどこかに行こうとしても、まず駐車場があるか、を確認しなければならない、東京ってそんなところでした。しかし最近はあそんでいる土地を有効利用した『タイムズ』などのコインパ−キングが至る所にあり、東京ではどこに行っても駐車場がなくて困るということはありません。

この前、ライブで函館に行った時、「コインパーキング見ないっすね」という話になり、そういえば毎週通っている札幌でも、いわゆる空地利用のコインパーキングは見たことがないということに気づきました。札幌で見る『タイムズ』といえばビル全体が上から下まで駐車場のコインパーキングビル=略してCPBです。そりゃそうですね、冬は雪がんがん降りますから、普通のコインパーキングじゃ車止めもなにもあったもんじゃないですもんね。

札幌で思い出すのは「月決駐車場」。月単位で契約する駐車場、東京では「月極」と書かれたものしか目にしませんが、札幌では「ゲッキョク」ではなく「ゲッケツ」と書かれたものがほとんどだという話を聞き、ある時、大谷地インタ−から中央区のSTVに向かう車から沿道に見える駐車場を試しに正の字をつけながら数えてみたところ、実数は覚えてませんが、その約6割が「月決め」と「め」の入った表記を含めて「ゲッケツ」でした。神戸に行くと駐車場は「モータープール」というらしいですね、オシャレです。ちなみにフランス・パリでは「PARKING/パルキング」、なんだ英語かよって感じですが。

5年ほど前のあるお昼、近所のおいしい「とんかつ」屋さんに食べにいった時、たまたま近くの駐車場が空いてなく、短時間だからだいじょぶだよね、天気もいいし、と軽く魔がさして路上駐車して、ロースカツ定食をうまいうまいと食べて店を出たら車がありませんでした。「あれ?歩いて来たんだったっけ?」とキョトンしながら路上に白いチョークで書かれた文字を見て、レッカー移動されたことを認識。いわゆるひとつの“とんかつレッカー”です。ほんの40分だったんですけど、違反は違反です。しんなりしながら出頭し、罰金とレッカー代で2万4千円くらい払ったんだと思います。ちょっとした怠慢でロースカツ定食が2万4千円。パリの2ツ星レストランのディネーに相当するエクセレントなお昼になってしまいました。みなさん、これはとんかつに限ったことではありません。“博多ラーメンレッカー”や“さぬきうどんレッカー”、“吉野家レッカー”だって充分あり得るわけですから、短時間だからといって路上駐車はやめましょうね。

先日、ある必要性があって去年4月から12月いっぱいまでの9ヶ月間に利用したメーター制の路上駐車枠を含めたコインパーキングの駐車料金を計算したところ13万9550円でした。これを1年分に換算すると約18万6067円。一日当たり約510円です。今回のコラム、この数字をもとにあれやこれやと話を広げて書いてみようと思ったんですが、どっからどう考えてみても常識的な数字だったのでなにも広がらないまま自己暴露ネタをはさんでこれにておしまいです。こんな週も有馬兵衛の紅葉閣。ほな、サイババ。

2006/03/17


≪ BACK Latest NEXT ≫

会社概要
サイトマップ
スタッフ一覧
個人情報保護
リンク
推奨環境
お問合せ

sitemap