Membership ID

PIN code
標準(http)接続
ログイン方法について

Friday Column

No.461

『充分に歓迎できる状況』

はい、たいへんに内容濃く忙しかった5月が終わろうとしています。が、終わろうとしているだけで、まだ終わったわけではありません。なので、あまり時間のない中、福岡行きの全日空機内でなにかしらちゃちゃっと書いて乗り切ろうと思います。

ところで、とても重要なことが今まさに起こっています。それは何かと言うと、私の隣に座る見知らぬ女性は、離陸後まもなくウトウトと眠りこけ、彼女の頭は私の右肩にやんわりともたれかかっているとまでは言えずとも、確かに接触して、熱が伝わっています。とりわけ美人というわけではなさそうですが、充分に歓迎できる状況です。なので、コンピューターのキーボードに文字を入力することで起こる、私の腕から肩の振動を最小限に抑えて、目的地到着までにこの状況を維持しながら書くのです。

まずは、故Michael Jacksonさんの新アルバム『Xscape』。3年前に『MICHAEL』というアルバムが出ていて、私は買ってはいたんですが、時間がある時にちゃんと聴こうと思ったまま時が過ぎ、気がつきゃ封も開けぬまま新作が出るという、わけのわからない状況になってしまいました。この『MICHAEL』については、いくつかの収録曲がマイケル本人の歌ではない、という疑惑が沸き立ち、世界中のファンの間で論議され、これに対し発売元のソニーが公式文書を出すなどという騒ぎがあったというのは、つい最近になってマイケルマニアの和田唱くんから教えてもらいました。そんなこともあり、今回は、マイケルのボーカルトラックには一切手を加えることなくコンテンポライズ(現代化)された未発表曲集『Xscape』とのことです。前作の騒動がどうあれ、素晴らしい内容ですし、聴けなかったものが聴けるというのはファンにとってふつうにうれしいことです。なんてったって世界の音楽シーンをリードし続けたMichael Jacksonさんですから、未発表曲の数も多く、そのクオリティはたいへんに高くて当然です。スペシャルエディションではコンテンポライズされる以前のオリジナル音源も聴くことができます。気がつきゃ、マイケルの死からもうすぐ丸5年です。6月の【KANのロックボンソワ】では、この『Xscape』から毎週1曲OAしたいと思います。

Xscape / Michael Jackson

で、Perfume。去年出たアルバム『LEVEL3』の限定受注生産のアナログ盤ってのがありまして、私がそのことに気づいたのは、予約注文をとっくに締め切った後、発売に直前だったりしたもんですから、はぁぁ、オレとしたことが・・・、とガッカリしていましたが、きゃりちゃんの新曲を予約するついでに、CD店で「Perfumeのアナログって、もう手に入んないですか?」と一応聞いてみたところ、「本店のほうに在庫があります」ってことだったので、迷わすお取り寄せしました。受注生産っつっても、多少は多めにプレスするんでしょうね。ラッキーでした。

しかし、家にはもうレコードプレーヤーがありません。でもやっぱちょっとは聴いときたいよな、と思い、札幌に持ってってSTVのプレーヤーでちょろっと聴きました。うん、イイですね。やはりここでも、恐るべし中田ヤスタカさんです。CDでもガッツリとレベルつっこんでますが、アナログではそのガッツリ感がより顕著に意識できます。音割れるギリギリ、ってゆうか、割れたっていいじゃんくらいのイキオイが詰っています。5月31日(土)の【KANのロックボンソワ】では、このアナログ盤から1曲OAします。今、Radikoで全国から聴けるようになりましたからね、是非お聴きください。

LEVEL3 / Perfume盤はもちろんピンクにしたよっ♡

さて、私が加担させていただいているスターダスト☆レビューさんの新作アルバム。昨日、トラックダウンが完了しました。あとはマスタリングを残すのみです。8月6日(水)発売、タイトルは『SHOUT』。初回盤には、レコーディングドキュメントなどを収録したDVDもつくそうです。お楽しみに。

スタジオはいつも緊張感ピリピリだ。

というわけで、5月31日(土)は福岡、6月1日(日)は佐世保で、スタレビュのみなさんと、杉山清貴さんとのライブです。観にきていただける皆さま、よろしくお願いします。

そのあとは6月15日(日)の名古屋。馬場俊英くん、広沢タダシくん、Sing Like Talkingのみなさんとのライブ【お父さん ありがとう】です。これはかなり早い時期から打ち合せが繰り返されています。はっきり言って「まさか」のライブになることでしょう。「まさか」ですから、2度・3度と起こりうるものではありません。決して見逃すことのないよう、強くオススメします。

さて先述の、充分に歓迎できる状況の件。それは長くは続きませんでしたが、決して短い時間ではありませんでした。でも、とても良い出来事だったと思います。このあとの晩食会で、要さん杉山さんに報告して反応を見てみようと思います。

2014/05/30


≪ BACK Latest NEXT ≫

会社概要
サイトマップ
スタッフ一覧
個人情報保護
リンク
推奨環境
お問合せ

sitemap