Membership ID

PIN code
標準(http)接続
ログイン方法について

Friday Column

No.387

『ウルトラショブン』

ショブン〜、ショブン〜、ショブン〜、ショブン〜♪
ショブン! ショブン! ショブン! ぱぉ〜ん♪
ショブン! ショブン! ショブン! ぱぉ〜ん♪

久々に書いてる今回はそんなお話です。

9月末に8年ぶりの引越をしてから2月半、ありがたいことになにかと忙しい日々が続きまして、いまだ未開の段ボールが私の部屋に数個残っている状態です。

とりあえず、CD類はすべて開箱して棚に並べてみました。前に住んでいた家では、洋楽はファミリーネームのアルファベット順、邦楽は五十音順で並べていましたが、このやり方では新しいものが増えるたびに、全体を収納している全体をずらさなければならないわけで、それがだんだんめんどくさくなって、とりあえず置いておくうちに、それはそれで山となって、気がついたらどのCDがどこにあるかわかんない状況に陥ったまま、それがさらに山となる、という感じだったので、今回の引越を機に、これまでとは違う収納ルールにしてみました。

まずはVIP棚。最上段はPerfumeときゃりちゃんの“中田ヤスタカ”作品。その下の段に、The BeatlesおよびPaul・John・Georgeのソロ作品。その下に段に、Billy Joel・Michael Jackson・Stevie Wonder。その下の段に自分のやつ。

邦楽は知り合いアーティストの作品がほとんどですので、Stardust Revue・aikoさんなど保有枚数の多いアーティスト枠、ウーロン舎・オーガスタなどの所属事務所枠、まだ枚数の少ないアーティスト別、作品を提供した枠、という感じで分けて、それら以外は50音順に並べました。これで、今後新たに増えても、全体をずらすことなく収納できるでしょう。

洋楽には知り合いはいませんので、VIPもの以外は、コレまでと同様にファミリーネームのアルファベット順にしました。


VIP最上段はPerfumeときゃりちゃん

で、今回の引越ではいろんなものを思い切って処分しました。最近よく聞く“断捨離”ってほど大げさな感じではありませんが、それなりに思いのあるものを処分するにはそれなりのエネルギーが要りますので、言ってみればウルトラショブンです。なかでも最も大きなものが【PowerMac G4】。渡仏を前にした2001年の秋に購入して以来約10年、公私ともに重要な役割を果たしてきた機材ですが、OSの進化に対応できなくなり、また私のメイン・コンピューターが【MacBook Pro】になっちゃったこともあり、去年あたりからは、2001年に同時購入したスキャナーとプリンターを動かすためだけに存在していました。が、自宅でスキャナーやプリンターを動かすこともあまりないもんですから、思い切って処分することにしました。



【Apple】に電話してみたら、今は生産したメーカーが引き取るルールみたいなのがあるみたいで、“Recycle Program”ということで引き取ってもらいました。ま、中身がデジタルのデータだということもあるんでしょうか、11年使ってたわりに、惜別感もさほどなく、ついでにこの2月からもう使ってない【iBook G4】も引き取ってもらうことにしました。【PowerMac G4】は、ディスプレイも含めて購入時のをそのままとってあった箱に入れました。


 


で【iBook G4】のほうは人から買ったやつなので箱がなく、さてどうしたものかと考えてます。ふと、最近買った体重計の箱がもしかしてどんぴしゃなんじゃないかと思って入れてみたら、笑っちゃうくらいどんぴしゃだったのでテレました。



スキャナーとプリンターは、最近のものに比べるとどちらもデカくて遅いですけど、最新OSでもまだ使えるのでとってます。12年目です。

で、他にもいろいろ処分したんですが、どうも捨てにくいものがありまして。それがこれ。



たしか91年のお正月に、たぶんタイ・バンコクで購入したものだと思いますが、なぜかエジプトっぽい置物。なんでこんなものを買ったのかわからないまま、パリ時代も含めてかれこれ21年間、ず〜っと私の部屋の棚の上に置かれてました。で、燃えないゴミの日の捨てようと思い、一応写真など撮ってみたんですが、よく見るとなんとも言えない表情というか、「ですよねぇ〜」みたいな、下から同意を求めるような、でも真面目な感じで、なんともゴミ扱いしにくくなりまして。なので、STVラジオの【KANのロックボンソワ】で、クリスマスプレゼントとして、リスナーの方に引き取っていただくことにしました。
「なんかわかんないけど欲しいかも・・」と思っちゃった方は、番組のホームページを御覧いただき、『2012年重大ディフィカルトクイズ』に御応募ください。

ついでと言ってはなんですが、こちらもプレゼントです。



この11月、なんと5ヶ月ぶりにロシア語のレッスンを再開しましたが、レッスンに持っていく露和・和露両方向の小さい辞書を段ボールから発掘できず、とりあえず仕方なく購入した辞書です。その直後に発掘しましたので、この辞書自体はレッスンに1回持ってっただけの新品同様です。こちらには、ロシア語のキリル文字でサインを入れさせていただきます。「なんかわかんないけど、これを機にロシア語でも始めてみるか」と思っちゃった方は、上記の置物同様に【KANのロックボンソワ】のホームページを御覧いただき、『2012年重大ディフィカルトクイズ』に御応募ください。

はい、今回はここまでです。【弾き語りばったり #17 もしもヒアノがぴけたなら】がんばってますよ。大阪・松山と観に来ていただけたみなさま、ありがとうございました。現在は高知・かるぽーとの楽屋。これからリハーサルやります。よろしくお願い四万十川(196km)。

・・・と、ここ高知で書くとこにすごく重要な意義を感じています。

2012/12/16

KANのロックボンソワ http://www.stv.ne.jp/radio/kan/index.html



≪ BACK Latest NEXT ≫

会社概要
サイトマップ
スタッフ一覧
個人情報保護
リンク
推奨環境
お問合せ

sitemap