Membership ID

PIN code
標準(http)接続
ログイン方法について

History of KAN

少年野球

少年野球
1969年春、福岡市立田島小学校に入学。福岡市唐人町の中村順子先生にクラシックピアノを習いはじめる。レッスンは週1回先生宅で行われ、自宅では毎日3時間の練習が日課となる数年間が始まる。これとは別にある12月、団地の一軒隣に住む人生で最初の友人・松本俊一君のさそいで「田島バプテスト教会」のクリスマス会に参加したことをキッカケに毎週日曜日は教会に通い賛美歌を歌うようになった。72年からは福岡市団地対抗少年野球連盟のチームに所属し、73年には「平和台球場」でのKBCテレビ公開録画試合に代打で出場、ピッチャー返しのセンター前ヒットで出塁。この美しい安打が評価され74年には2番ショートにレギュラー昇格。一方では、生まれて初めての版画作品が福岡県文化会館に展示されるなど芸術的な一面も見せ始めるほか、男子としてはおそらく九州初の長髪に九州初の赤いベルボトムジーンズやオーバーオールを着こなすなど、ファッションリーダーとしても女子小学生の注目を集めていた。また75年3月の田島小学校卒業式では校歌斉唱のピアノ伴奏を担当した。

≪BACK   INDEX   NEXT≫

会社概要
サイトマップ
スタッフ一覧
個人情報保護
リンク
推奨環境
お問合せ

sitemap