Membership ID

PIN code
標準(http)接続
ログイン方法について

Friday Column

No.453

『もしそれがインドだったら』

先日、国内最後のBoeing 747型機、通称“ジャンボ”が退役しました。

私が最後に乗ったのはいつだったでしょうか。記憶を辿ると、2009年10月18日(日)に函館から東京に戻る時に乗ったのが最後のような気がします。日本航空は2011年2月まで運行していましたが、その時期までに乗った記憶がありません。

もともと“ジャンボ”とは、19世紀後半に実在した著名なアフリカ象の愛称。スワヒリ語で「こんにちは」という意味だそうです。

その象に起因するのでしょうか、日本では「ジャンボ=でっかい」という独自の解釈が生まれて全国に浸透し、1969年に登場した大型機Boeing 747は、誰が呼んだか“ジャンボ”という通称になりました。

で、ふと思ったんですが、もし、その元々の象がアフリカ象ではなく、インド象だったら。・・・日本はどうなってたんでしょうね。

大きなインド象につけられた愛称は、ヒンディー語で「こんにちは」という意味の「ナマステ」。そこから「ナマステ=でっかい」という独自の解釈が生まれて全国に浸透し、69年に登場した大型機Boeing 747は、誰が呼んだか“ナマステ”という通称になりました。

私が最後に乗ったであろう“ナマステ”

・・・だとするとですよ、
『ドリフの8時だよ!全員集合』で活躍した“ジャンボ・マックス”は“ナマステ・マックス”で、プロレスラー“ジャンボ・鶴田”は“ナマステ・鶴田”。吉川晃司さんがテレビCMでワイルドにシャウトする『チョコモナカ・ジャンボ』は、『チョコモナカ・ナマステ』になっていたということですよ。

どうします!? ってゆうか、どっちがよかったんでしょうかね?

そのことをじっくり考える意味も含めて、来週、インドに行ってみます。

その前に、明日10日(木)はBAND LIVE TOUR 2014【Think Your Cool Kick Yell Come On!】最終、札幌振替公演です。観にきていただける皆さま、たいへん長らくおまたせいたしました。

レッツ・ファイナル・フィーバー!!!

2014/04/09


≪ BACK Latest NEXT ≫

会社概要
サイトマップ
スタッフ一覧
個人情報保護
リンク
推奨環境
お問合せ

sitemap