Membership ID

PIN code
標準(http)接続
ログイン方法について

Friday Column

No.015

『もう結構です小久保さん』

夏休みで帰国している甥と姪を連れてプロ野球を観に行ってきました。8月24日(水)、横浜スタジアムでの『ベイスターズ対ジャイアンツ戦』。甥と姪は中学生ですが、小さい頃からもう10年もベルギーに住んでいるのでフランス語はペラペラですが、野球のことはほとんど知らず、スタジアムでの観戦ももちろん初めて。そう、ヨーロッパって“ベースボール”がないんですよ。スポーツと言えばなんつったってサッカーが一番人気。それ以外にテレビで観るのはテニス、自転車・バイクを含むレースもの、冬はスキー・ジャンプ系といった感じで、実際、私がパリに住んでいた2年半、『Eurosports』というスポーツ専門チャンネルですら野球は観たことがありません、一度も。フランス人的には野球といえば、そういうスポーツが存在することは知ってるけど、やったことは一度もない、というのが普通みたいです。

昔お世話になったレコードメーカーのプロモーター・森村さんという人が、大学時代イギリスに留学した時の話。その街にはめずらしく“ベースボール”のクラブがあり、中学時代に野球部所属だった森村さんが恐る恐る入ってみたら、もうひっくり返るくらいレベルが低くて、キャッチボールしてみせただけでいきなりピッチャーに指名され、投げたら投げただけ三振とれちゃったみたいな状態でチームは連勝。「カミカゼ・ピッチャーがやって来た!」ってことで地元の新聞に載っちゃったらしいですからね。

さぁ、いきなり話それまくったんで戻しますと、私だってスタジアムで野球観るのいつ以来だろう、と思い起こせば、多分、93年に神宮球場で『ヤクルト−巨人』を観たのが最後、ってことはまるまる12年ブリ−スタジアムです(イギリスのウェンブリ−スタジアムとかかっています、念のため)。

スタジアムでの野球観戦はやっぱ乱打戦になってくれた方が楽しいんですよ。緊迫した投手戦になったところで、投手の表情なんて見えませんしね。ガンガン打ってホイホイ走って、豪快なクロスプレーやら、できれば判定をめぐる大乱闘なんて見れちゃったらサイコ−なんですがね。まぁ、乱闘はそう簡単には起こらないでしょうから、とりあえずはホームラン、ホームランをいっぱい観たいね、気持ちイイよぉ〜なんて事を話しながらスタジアムに向います。そしてもうひとつスタジアムでの大きな楽しみは“買い食い”。ホットドッグにアメリカンドッグ、たこ焼き、焼きそば、うどんにカレー。こういうのが妙においしいんですよね、スタジアムだと。ってことで、野球をよりエキサイティングに観るための方法として、“ホームランが出るまで何も食べない”また“ホームランが出たら出ただけなんか買って食べなきゃいけない”という独自のルールを決めて、17:55、試合開始ジャスト5分前に席につきました。

基本的なルールや、スコアボードの見方なんかを甥姪に説明しながら、両チームともヒットなしの渋〜い投手戦っぽい雰囲気でゲームは進みます。「もしホームランがでなかったら何も食べずに帰るってことだよなぁ」と自分で言い出しときながらだんだん不安になってくる私。そんな私の指示通りにバッチリお腹をすかして来た甥が「ねぇ、ほんとにホームラン出なきゃ食べちゃいけないの?」。「ねぇ、ホームランっていつ出るの?」と姪。「さすがのボクにもわかんないんだよねぇ〜、こればっかりはね〜」と私。前の席のサラリーマン風の男性がうまそぉ〜に食ってる横浜名物『崎陽軒のシューマイ弁当』の匂いがくんくん来ます。

気がつきゃローズも清原も高橋もいないジャイアンツ、打ってくれそうなのは小久保くらい。やっとその小久保に打順がまわって来ました4回表ノーアウト1・3塁。「このひとが打ってくれるかもよ」と言おうとした瞬間、カキ−−——ン!。「行け、行け、行け、行った〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」、左中間スタンドに第24号のスリーランホームラン。「やったぁぁぁ〜〜〜!なんか食える〜〜〜!!!」思わず両手が挙がります。「さ、なんか買いに行こう!」ってことで、その続きの攻撃はどうでもよくなってすたこら売店へ。とりあえずはやっぱホットドッグでしょう、ねぇ、ってことでケチャップとマスタードぶりぶりぬって席に戻って、むしゃむしゃかぶりつき食い。いやぁ〜ウマイウマイ。やっぱベースボールにはホットドッグだよね。“ホームランが出るまで何も食べない”ってのもうぅ〜んなかなかエキサイティングなルールです。

さぁ、次は何食べようかと試合は進み6回の表、再び小久保。「この人、さっきホームラン打った人じゃない?」「そう、この人さっき打った人、おっ!」カキ−−−−−ン!「また来た?行け、行け、行った〜〜〜〜〜〜!!(再び両手挙げ)」バックスクリ−ン右に2打席連続の第25号。「よっしゃ、売店行こう!」ってことで、今度はいろんなお店をぐるぐる見てまわって、私と姪は焼きそば、甥はチャーシューメンを買って席に戻り、比較的落ち着いた感じで食べました。いやぁ〜、食った食った、おなかいっぱいおっぱいぱい。野球は楽しいねぇ。

で、8回表、今度は二岡がレフトスタンドに第14号ホームラン!。「・・どうする?売店行く?」「だって、決まりなんだよね」「・・一応ねぇ」なんて話していたら次の打者は再び小久保。「あ、またさっきの人?」「もう打たないでしょう、いくらなんでも」「うん、もう打たなくてもいいかも」。カッキ〜〜〜〜〜ン!「うそぉ〜、もういいよ〜〜〜〜〜」入っちゃいました2者連続。バックスクリーンど真ん中に飛距離130メートルの第26号。3本目ですよ、3本目。もうそこまでやられちゃしょうがねぇってことでぞろぞろと売店へ。「どうする?」「2つ食べなきゃいけないの?」「もういらないかも」「ポップコーンにしようか」「ポップコーンでいいよね、ポップコーンも立派な食べものだからね」って感じで妥協的にルール変更。客席を売り歩くお姉さんからポップコーン買って3人で譲り合いながら食べました。

次の日の新聞見たら、小久保選手、プロ人生12年目にして初めての1試合3ホームランだったそうです。いやぁ〜、スゴイ、素晴らしいです。

しかし楽しいですねぇ、野球は。それにやっぱりスタジアムは屋根がないほうが気持ちイイですね。運営する側にとっちゃ、雨が降る度に中止になってちゃたまったもんじゃないんでしょうけどね。やっぱスタジアムは屋根なしですよ、観る側からしたらね。でも、もう15年もしたら屋根なしのスタジアムなんてなくなってるかも知れませんから、皆さんも今のうちに観に行ってください。自分たちだけの独自のルールかなんか作っていくとさらに楽しいです。

 
2005/08/26


≪ BACK Latest NEXT ≫

会社概要
サイトマップ
スタッフ一覧
個人情報保護
リンク
推奨環境
お問合せ

sitemap